1000色の色鉛筆を使ったミニ絵本作りワークショップ

 

せっかく「本」を作っても、それを読む人がいなければ、何の意味もありません。そこで、作った本を読む次の世代、子どもたちに本を読む、文章を書く、絵を描く楽しさを知ってもらいたい。いずれ、その中から本を作れる人が現れてほしい……そう願って豊中市市民公益活動団体「ほくせつそうしょ」を立ち上げました

豊中市とイオングループのご支援

 

1000色の色鉛筆を使ったミニ絵本作りワークショップ絵本ワークショップは、豊中市内の小学校や公民館などの公共施設を中心に、参加費100円でミニ絵本作りを楽しんでいただいています。

イオングループ「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の支援団体に選ばれました。

毎月11日、レジ付近に黄色いボックスが設置されます。
そこに入れられた不要レシートの金額の1%が、子どもたちの使う色鉛筆や消しゴムとして寄贈されています。

 

きっかけは豊中市産業振興課の要望

にぎわった「親子で作ろうミニ絵本」コーナー

平成26年11月、豊中市立千里公民館で行なわれた「とよなか産業フェア」の説明会で、豊中市産業振興課の担当者から「豊中の子どもたちに何かイベントを考えてください」と言われたこと

日本古来の「和本」の技法を子どもたちに楽しんでもらおう。

当日、絵本ワークショップは、大勢の親子連れでにぎわいました。

 

豊中市コミュニティ政策課のご協力で広報活動

最近、肖像権の問題で、子どもの写真を撮影・公開するのがむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました。

最近、個人情報保護問題で、鮮明な子どもの写真を撮影・公開するのがむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました

平成27年4月から、豊中市コミュニティ政策課のご協力で、豊中市市民活動情報サロン「豊中市共催事業」として「みんなで作ろうミニ絵本」がスタートしました。

色鉛筆があれば、どこでもいつでも絵本が描けるオリジナル絵本キット「オリエンス」を使います

参加費は100円。
300色の色鉛筆を自由に使って好きな絵を描いて、そのまま絵本をお持ち帰りください。

そんなルールができました

 

【オリエンスについて】

笹部書店にて

Oriens(オリエンス)とは、ラテン語の「太陽や月などが昇る」という意味。
英語の「オリエント(東方)」の語源とされています。
子どもたちの未来が明るいものになりますように。

Oriensは「学用品」として、2015年度グッドデザイン賞一次選考を通過、東京の対話型審査で「もうすこし工夫すれば、もっと子どもたちを喜ばせることができるのでは」と宿題を出されているもの。
グッドデザイン賞は、地域の学習への取り組みも受賞対象にしているので、いつか再挑戦してみたいです。

 

さまざまな年齢の方に楽しんでいただきました。

すてっぷライブラリーまつりにて

2015-11-14 12.54.22

とよなか産業フェアにて

 豊中市生涯学習課 とよなか地域子ども教室にて

豊中市立熊野田小学校

2017年4月から、豊中市生涯学習課が管轄する「とよなか地域こども教室」で活動できることになりました。

豊中市内の小学校で、放課後の空き教室を活用した学習活動です。

2か月に一度、とよなか地域子ども教室「くまっ子遊び広場」の放課後子どもクラブでミニ絵本作りワークショップを開催。

毎回50人近くの子どもが、400色に増えた色鉛筆で自由に絵本を描いて楽しんでいます。

豊中市立熊野田小学校

豊中市立豊島北小学校

豊中市立千成小学校

 

豊中市立中豊島小学校コミュニティプラザ

 

「とよなか地域子ども教室」開催実績: 豊中市立熊野田小学校 豊中市立豊島北小学校 豊中市立千成小学校 豊中市立中豊島小学校コミュニティプラザ

 

豊中市公民館登録講師に

豊中市豊島西公民分館

2017年12月、ミニ絵本作りワークショップの豊中市公民館登録講師になりました。

公民館のワークショップでは高齢者の参加者が多いので、文部科学省後援 色彩検定UC(ユニバーサルデザイン・カラー)級を取得しました。
子どもと高齢者では「色の見え方」が違うためです。

どんな年齢層の方にも色鉛筆を楽しんでいただけます。

 

 

 

【ほくせつそうしょのアーカイブ活動】

「出版した本が押入れに100冊以上ある」

北摂では、よく聞く話です

最近は商業出版社も「書店流通・初版3000部のうち、著者が500部買い取り」を出版条件にすることが多く、大量の自著を抱えて困っている方も増えました

このような本の中には貴重な専門書も多いので、図書館司書資格を持つ者として心が痛みます

そこで、豊中市公益活動市民団体「ほくせつそうしょ」は、すでに本を出されている方へ「せめて1冊だけ図書館へご寄贈ください」と呼びかけています