「500色の色鉛筆とミニ絵本作りワークショップ」を開催する豊中市市民公益活動団体「ほくせつそうしょ」の代表・島村由花のプロフィールをご紹介しています。

 

プロフィール

島村 由花(小南由花)

ライティングアドバイザー®/ファイナンシャルプランナー(AFP)

北摂叢書(公益財団法人大阪産業振興機構「おおさか地域創造ファンド」豊能地域支援採択事業代表
ほくせつそうしょ(豊中市市民団体公益活動情報登録団体)代表
1965年大阪府豊中市出身・大阪青山短期大学国文科卒
上代文学専攻・図書館司書資格取得。図書館情報学で「編纂(さまざまな資料を集めて1冊の本にする技法)」の大切さを知る
卒業後、図書館の本を修復する職人・世儀義夫氏が主催する製本工房「書祭」にて、10年間手作り製本を学ぶ

デジタル版「知恵蔵」の用語解説、文藝春秋ベストエッセイ、月刊武道への寄稿など執筆実績多数

豊中商工会議所会員
日本FP協会会員(2級ファイナンシャルプランニング技能士・AFP)
豊中市「2015年度 やっぱり本が好き! プロジェクト」市民企画委員
豊中市公民館登録講師

文章サンプルはこちらへ

お問い合わせはこちら

本ができるまで

 

ほくせつそうしょ(北摂叢書)