プロフィール

「700色の色鉛筆とミニ絵本作りワークショップ」を開催する豊中市市民公益活動団体「ほくせつそうしょ」の代表・島村由花には2つの名前があります。

ここでは、ミニ絵本作りワークショップを行う学校系クリエイター「島村由花」と、Webで活動するファイナンシャルプランナー「小南由花」のプロフィールについてご紹介します。

島村 由花

ライティングアドバイザー®
ほくせつそうしょ(豊中市市民団体公益活動情報登録団体)代表
1965年大阪府豊中市出身・大阪青山短期大学国文科卒
上代文学専攻・図書館司書資格取得。図書館情報学で「編纂(さまざまな資料を集めて1冊の本にする技法)」の大切さを知る
卒業後、図書館の本を修復する職人・世儀義夫氏が主催する製本工房「書祭」にて、10年間手作り製本を学ぶ

デジタル版「知恵蔵」の用語解説、文藝春秋ベストエッセイ、月刊武道への寄稿など執筆実績多数
豊中市「2015年度 やっぱり本が好き! プロジェクト」市民企画委員
豊中市公民館登録講師(700色の色鉛筆で楽しむミニ絵本作りワークショップ)
文部省後援・色彩検定協会認定UC(ユニバーサルデザイン・カラー)アドバイザー
日本文具知識能力検定合格者(文具専門店販売員用資格)

文章サンプルはこちらへ

 

お問い合わせはこちら

本ができるまで

小南 由花(ファイナンシャルプランナー)

 

「小南由花」のアイコンとして使っている写真です

北摂叢書(公益財団法人大阪産業振興機構「おおさか地域創造ファンド」豊能地域支援採択事業)代表

2級ファイナンシャルプランニング技能士(AFP)
独立行政法人日本学生支援機構認定 スカラシップ・アドバイザー(平成29年認定)
認知症サポーター

データを豊富に使ったお金・医療に関するコラムを得意とする

FP Woman Money Writer’s Bank 所属ライター
「女性のための「お金」と「人生」に効くコラム」  で節約・貯金・補助金などのコラムを連載中

全研本社「ライターステーション」に所属し、日本全国のFP・医療関連サイトの用語解説を担当

豊中商工会議所会員

お問い合わせはこちら