学校で絵本ワークショップを開かれる方のためのQ&A

1.どの程度時間がかかりますか?

放課後子どもクラブの1時間半でワークショップを行います。
机と椅子があれば、色鉛筆や製図道具、紙、サンプルなど、必要なものはすべて用意します。
学校側に設営の負担はそれほどありません。

ワークショップを指定時間以内におさめるために工夫を重ねています。
イメージがわかずに長時間悩む子どものために、48種のテンプレートを追加しました。
これで時間オーバーすることもなく、ワークショップ1時間半(準備・後片付けのぞく)で
完了しています。

安全管理員さんの実働時間を3時間とお見積りいただければ結構です。

 

2.何人まで子どもが参加できますか?

例えば、熊野田小学校「くまっ子遊び広場」では毎回40人以上の子どもが参加します。
最高で60人参加(図工教室)の記録が残っています。

ワークショップでは、先の丸い安全なはさみと、手で回せる小型鉛筆削りを使うので、子どもたちは安全ですが、参加する子どもの数が多いため、安全管理員の方がいてくださるとありがたいです。

ランチルーム、コミュニティールームと、学校ごとに違う場所で開催されるので、これから学校の皆さんと話し合いながら、楽しいワークショップにしていきたいと思います。

当日は色鉛筆320色一式と絵本台紙と、テンプレートと製図用具、2年生ぐらいの子どもが描きたいと思うような絵本サンプルを持ってお伺いします。
持参する絵本台紙の数を確定するために、前日までに参加者数をご連絡いただければ幸いです。

 

3.講師の方はグループで来られますか?

地域子ども教室は校区ごとに運営方式が違うので、その校区のルールに合わせて対応したいと思います。

今のところは、それぞれの校区の安全管理員の皆さんに、見守りのご協力をお願いしています。
子どもの安全を見守る研修を受けて、豊中市から認定を受けた皆さんですから、保護者の皆さんも安心でしょう。

ワークショップの参加人数によって、サポートしていただく方の人数が変わります。
できれば本が好きな方がよいでしょう。

 

【安全管理員の皆さんにお願いしていること】

・子どもが鉛筆を床に落としたら拾ってあげる。
・ハサミがうまく使えない子がいるので、本を折る作業をサポートしていただきます。
(保育園で折り方を習う子も多く、「隣の席の子にも教えてあげて」と声をかけていますので、それほど負担はありません)
・必ず子どものよいをほめる。(絵が下手な子もうまい子も、文字だけ書く子もいます。「よく最後まで描いたね」でもよいので、子どもをほめてあげてください)

校区の事情に応じたフレキシブルな対応をしますので、ご安心ください。

 

4.どんな指導をしていただけるのでしょうか

このワークショップは国語でも図工でもなく、子どもの自主性にまかせる形式なので、採点したり「この描き方でないと」という形では指導しません。
子どもたちを見回って、悩んでいる子にヒントを与えたり、「この色を使えばいい」「こんなモチーフはどう?」と声をかけながら、ワークショップを進めていきます。

授業中は3つのことを大切にします。

1.大きな声で挨拶する(「こんにちは」「よろしくお願いします」「ありがとうございました」)
2.色鉛筆や紙を大事にすること
3.色鉛筆やテンプレートを、他の子どもたちにもゆずりあって使うこと

そして子どもの作品について、必ず何かをほめます。
お手伝いいただいている皆さんにも「必ず子どものよいところを見つけてほめてあげてください」とお願いしています。

「好きに描いていい」ということで、学年、クラス関係なく、一緒に教えているため、普段出会わない子どもたちが、仲良く絵本を描いたり物語を描いたりして、お互いに見せ合って楽しんでいます。

描く内容は自由なので、子どもの年齢や好みによって、出来上がるものに差異があります。

ほくせつそうしょでは、黒紙に銀一色、文字だけで物語を書く子も、白紙でポケモンのキャラクターを描く子も、母親の誕生日にギフトブックを描く子どもも、オリジナルキャラクターでマンガを描く子も、すべて「OK」としています。

子どもがうれしそうに自由に絵本を描いて、安全管理委員さんがにこにこしながら
見守り、できたものを見せ合って喜ぶ。
そして必ずほめる。
その時の思い出が、いつかどこかで活かされますように。

ほくせつそうしょが提供するのは、そんなひとときです。

 

5.保護者は参加してもよいでしょうか

土日に地域こども教室開催を希望する学校も増えてきました。

保護者参加については、「教室が広いけれども、そんなに人が集まらないので保護者参加にしたい」というところと、「教室が狭く、参加者全員の保護者に入ってもらうこともできないので、子どもと安全管理員だけで開催したい」というところ、学校の事情によって違います。
安全管理委員の方の数が少なくて、参加する子どもの数が多い学校では、教室のあちらこちらで、紙を折るのに困っている子がいたり、鉛筆の芯を折って困っている子がいるので、対応が大変です。

そこで、見学されている保護者の方に、お手伝いをお願いすることにしました。

他の子どもを見てもらうことは、見学されている方のお子さんがワークショップを楽しめることにつながります。
どうかご協力をお願いします。

 

初めて開催されるものですから、さまざまなご不安があろうかと思います。
疑問点はお気軽にご質問ください。

 

 

【320色の色鉛筆ワークショップ関連情報】

 

【開催日程】320色の色鉛筆ワークショップ

白と黒のオリジナル絵本「オリエンス」と300色の色鉛筆を使ったワークショップ
「ストレス解消」「集中力が高まる」と、今話題の癒しアート「ゼンタングル」も行います。

「みんなで描こうミニ絵本」
8月25日 13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名
参加費 100円(材料費)

とよなか地域子ども教室(豊中市立熊野田小学校)

9月12日 14:30~16:00
10月10日 14:30~16:00
11月21日 14:30~16:00
12月19日 14:30~16:00
2月27日 14:30~16:00

豊中市立豊島北小学校

7月11日 14:30~16:30
8月22日 14:30~16:30

豊中市立千成小学校

7月28日 14:00~15:30

 

【とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ】
すてっぷライブラリーまつり

9月8日 10:00~16:00

 

【募集中】とよなか地域こども教室(放課後クラブ)開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、子どもたちが放課後に1~2時間楽しめるミニ絵本ワークショップはいかがでしょうか。

開催の流れ
1.日程調整のため、開催2か月前にご連絡ください(水曜日・土曜日)
2.打ち合わせ(実際に絵本を描いていただくこともできます)
3.予約の形で参加者を集め、前日にお知らせください(1回30名~50名様まで)
4.開催(講師費用2時間3000円・豊中市内限定)

 

【募集中】豊中市内で公民館・公民分館で講座やワークショップ開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、性別年齢関係なく、みんなで1~2時間楽しめるミニ絵本ワークショップはいかがでしょうか。

豊中市公民館登録講師の指導によるオリジナルの高齢者向けワークショップ
文化系のお祭りへの一日出店も承ります。

開催の流れ
1.日程調整のため、開催2か月前にご連絡ください(火曜日・金曜日・7.8月の土曜日)
2.1回講座(2時間)、2連続講座(2時間×2日)または1日イベントのいずれかをご選択ください
3.打ち合わせ(公民館・公民分館に出向きます。実際に絵本を描いていただくこともできます)
4.予約の形で参加者を集めてください(1回20名~50名様まで)
5.開催(人数分の机と椅子をご用意いただければ、ほかの設営準備は必要ありません)

講師費用:2時間5000円・交通費別途(1日イベントは応相談)

よろしくお願いします。