知恵と感動の木を植える。未来のために種をまく

公益活動市民団体「ほくせつそうしょ」の「オリエンス」

  • HOME »
  • 公益活動市民団体「ほくせつそうしょ」の「オリエンス」

子どもたちの未来のために

 

せっかく「本」を作っても、それを読む人がいなければ、何の意味もありません。
そこで、作った本を読む次の世代、子どもたちに本を読む、文章を書く、絵を描く楽しさをしってもらいたい……そう思って豊中市公益市民活動団体「ほくせつそうしょ」を立ち上げました


イオングループ「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の支援団体に選ばれ、子どもたちのために、豊中市市民情報活動サロンで200色の色鉛筆を使った絵本イベント(豊中市共催事業)を行っています

 

2015-08-22 11.54.16

 

豊中市立熊野田小学校にて

きっかけ

平成26年11月、豊中市立千里公民館で行なわれた「とよなか産業フェア」の説明会で、豊中市産業振興課の担当者から「豊中の子どもたちに何かイベントを考えてください」と言われたこと

日本古来の「和本」の技法を子どもたちに楽しんでもらおう

賑わった「親子で作ろうミニ絵本」コーナー

 

こんな活動です

平成27年4月から、豊中市コミュニティ政策課のご協力で、豊中市市民活動情報サロン「豊中市共催事業」
「みんなで作ろうミニ絵本」がスタート

色鉛筆があれば、どこでもいつでも絵本が描けるオリジナル絵本キット「オリエンス」を使います

参加費は100円
200色の色鉛筆を自由に使って好きな絵を描き
そのまま絵本をお持ち帰りください

Oriens(オリエンス)とは、ラテン語の「太陽や月などが昇る」という意味
英語の「オリエント(東方)」の語源とされています
子どもたちの未来が明るいものになりますように
お問い合わせ

白い紙と黒い紙で違う表現ができます

白い紙と黒い紙で違う表現ができます

 

最近、肖像権の問題で、子どもの写真を撮影・公開するのがむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました。

最近、個人情報保護問題で、鮮明な子どもの写真を撮影・公開するのがむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました

さまざまな年齢の方に楽しんでいただきました。

すてっぷライブラリーまつりにて

2015-11-14 12.54.22

とよなか産業フェアにて

 

とよなか地域子ども教室開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、子どもたちが1~2時間楽しめるミニ絵本イベントはいかがでしょうか。

開催の流れ

 

1.打ち合わせ(学校に出向きます。実際に絵本を描いていただくこともできます)
2.予約の形で参加者を集めてください(1回30名様まで)
3.開催(出張費2時間2000円・豊中市内限定)
お問い合わせ

写真は豊中市立熊野田小学校

 

豊中市立熊野田小学校にて(9月)

 

 

オリジナルの白と黒の絵本・200色の色鉛筆を使ったデモンストレーションを行います

豊中市共催「みんなで描こうミニ絵本」

10月7日 13:30~15:30

1月6日 13:30~15:30

2月24日 13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名
参加費 100円(材料費)

3月以降のお知らせは、日程が決まり次第、随時更新します。
お問い合わせ

200色の色鉛筆を自由に使えます

 

白と黒の絵本、お好きな方を選んでいただけます

 

 

 

制作実績

「ほくせつそうしょ」のアーカイブ活動

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 北摂叢書(ほくせつそうしょ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.