想い

変わっていくこと

2018年の穏やかなお正月も、まもなく終わろうとしています。 昨年末は、体調不良や母の死、同じ病気(喘息)の知人の死と、辛いことが続いていましたが、このお正月で気持ちを切り替えて、これからがんばっていきます。 出版支援事… もっと読む 変わっていくこと

想い

晴れた日に

それは新しい年の始まる半月前、よく晴れた冬の日、午前中のことでした。 パソコンで年賀状のデザインをしている最中、突然、携帯電話が鳴りました。 電話の主は妹。 ひどくあわてたような声でした。 「姉ちゃん。今、病院から電話が… もっと読む 晴れた日に

想い

神戸・紙フェスへ

  11月3~5日に、神戸で開かれたクラフト系イベント「紙フェスKOBE」に行ってきました。 お目当ては東京からきた「手帳社中」。 実際に手帳を作ってみるワークショップです。 詳しいことはこちらへ

むかしのことば, 想い

蓮の物語

日下江(くさかえ)の 入江の蓮(はちす) 花蓮(はなはちす) 身の盛り人 羨(とも)しきろかも (日下江(河内国にあった潟湖)の入江の蓮。蓮の花のように美しい若い盛りの人がうらやましい) 美しき乙女・引田部の赤猪子(ひけ… もっと読む 蓮の物語

むかしのことば, 想い

こころ

『私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚る遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる… もっと読む こころ