うづきのことば 

卯月は4月の和名

桜と新緑

「卯月」は陰暦4月の異称です。

この月になると卯の花が盛りになるので「卯の花月」が詰まって「卯月」となったとか、稲の種を植える月の「植月(うつき)」であるとか、その名前の由来にはいろいろな説があります。

4月の季語や和歌について書いた文章を集めました。

つばめきたる

軒先

 

千早振る卯月八日は吉日よかみさけ虫をせいばいぞする

昔、この歌を紙に書き、便所や台所に貼って虫除けとする風習があった。

4月8日はお釈迦様の誕生日。
お寺では灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花祭など呼ばれる法要があり、誕生したばかりのお釈迦様の像に甘茶をかける風習がありました。

玄鳥至(つばめきたる)4月5日~4月8日頃。
玄鳥(げんちょう 燕の異名)が南の国から渡ってくる頃。
すっかりあたたかくなりました。
(2018.4.5)

 

こうがんきたへかえる

 

湖

江碧鳥逾白
山青花然欲
今春看又過
何日是帰年

江(こう)碧(みどり)にして鳥逾々(いよいよ)白く
山青くして花然えん(もえん)と欲す(ほっす)
今春看(みすみす)又過(す)ぐ
何(いず)れの日か是れ帰年(きねん)ならん

 

中学校の教科書にも出てくる有名な杜甫の「絶句」です。

日本の古典文学に大きな影響を与えた音の美しい漢文。
有名なものはネット上にありますし、意外と気軽に楽しめるものです。

4月9日~13日は「鴻鴈北(こうがんきたへかえる)」。

ツバメとは反対に、冬の間を日本で過ごした雁や白鳥が、北のシベリアへと帰っていく頃。

春たけなわです。
(20194.9)

 

にじはじめてあらわる

虹

虹の立つ峯より雨は晴れそめて麓の松をのぼるしらくも

藤原親行 (風雅集)

『風雅和歌集』(ふうがわかしゅう)は、室町時代の勅撰集で、繊細な自然鑑賞と深沈な心境の描写を特徴とした歌が多く、南北朝の乱世に生きる人々の心の内が、よく表れています。
冬が終われば春の訪れ。

七十二候・虹始見(にじはじめてあらわる 4月14日~19日頃)

春になって空気がうるおってくるため、この頃からきれいな虹を見ることができます。

そしてまもなく夏がやってきます。
(2018.4.14)