これから文具の話もします

平成31年度豊中市生涯学習課の「とよなか地域こども教室」プレゼンテーションに参加させていただけることになりました。
本当にありがとうございます。

おかげさまで、2月27日に熊野田小学校で開かれるミニ絵本ワークショップ申込者は53人。
熊野田小学校で授業前に開かれる「朝読書」活動を行う「くまっ子おはなしクラブ」との連携もスタートしました。

先日、色覚に障害を持つ子どもにも対応できるUCアドバイザーの資格を取り、建築設計の方と機械設計の方から、新しい建物や機械を「創造」するために使われたテンプレートを譲り受けました。
小学校の「国語」「図工」「英語」の授業にも対応します。

100種類以上、総合計金額10万円相当のテンプレートと、500色、6万円相当の世界の色鉛筆。
白と黒のオリジナル絵本台紙。

ふだんの図画工作の授業とは、ちょっと違った体験を子どもたちに。

これからは、豊中市公益市民活動団体「ほくせつそうしょ」の活動紹介だけでなく、ミニ絵本作りワークショップで使われる、こだわりの文房具のご紹介もしていきたいと思います。

 

 

【400色の色鉛筆ワークショップ関連情報】

「またやってみたいと思う人」

参加した子ども全員が手をあげました(2018.7.10 豊中市立豊島北小学校にて)

豊中市内の小学校で好評開催中

 

【開催日程】平成30年度の400色の色鉛筆ワークショップ

平成31年度開催も予約受付中です。

【とよなか地域子ども教室】

豊中市立熊野田小学校

2月27日 14:30~16:00

【豊中市市民活動情報サロン】

白と黒のオリジナル絵本「オリエンス」と400色の色鉛筆を使ったワークショップ

「みんなで描こうミニ絵本」

3月2日  13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名