くまあなにこもる

ある雪の日、上郷村の熊という男が友人と六角牛に狩りに行くと、ある岩の陰から大きな熊が現れた。矢を射るのには近すぎだので、熊(人)は銃を捨てて熊(獣)に抱きつき、ともに雪の上を転んで谷へ下った。熊(人)が熊(獣)の下になり水に沈んだので、その隙に熊(獣)を退治した。熊(人) は水にも溺れず、数か所熊の爪の傷を受けたものの命に支障はなかった。

『遠野物語』の『熊』という話です。

『遠野物語』は東北の遠野地方の民話を集めたもので、不思議な話がたくさんあります。

12月11日~15日頃を「熊蟄穴(くまあなにこもる)」といい、寒さの余り熊が冬眠のために穴に隠れる季節をさします。

そろそろ新しい年を迎える準備で忙しくなる季節でもありますね。

【400色の色鉛筆ワークショップ関連情報】

 

絵本が好きな子どもは、絵本を描くのも大好き。

 

「またやってみたいと思う人」

参加した子ども全員が手をあげました(2018.7.10 豊中市立豊島北小学校にて)

2か月に1度豊中市立熊野田小学校で開かれるワークショップには、毎回50~60人の子どもたちが集まります。

豊中市内の小学校で好評開催中
平成31年度のワークショップ予約受付中

 

【開催日程】400色の色鉛筆ワークショップ

平成30年度で確定しているスケジュールです。
平成31年度は、まだ決まっていません。
開催日2か月前にお申し込みください。

【とよなか地域子ども教室】

豊中市立熊野田小学校

12月19日 14:30~16:00
2月27日 14:30~16:00

【豊中市市民活動情報サロン】

白と黒のオリジナル絵本「オリエンス」と400色の色鉛筆を使ったワークショップ

「みんなで描こうミニ絵本」
1月26日 13:30~15:30
3月2日  13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名
参加費 100円(材料費)

とよなか地域子ども教室開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、子どもたちが1~2時間楽しめるミニ絵本イベントはいかがでしょうか
豊中市公民館登録講師の島村由花がお伺いします

豊中市立熊野田小学校にて

豊中市立豊島北小学校にて

豊中市立千成小学校にて

豊中市立中豊島小学校コミュニティプラザにて

開催の流れ

はじめての絵本ワークショップQ&A(学校編)