たちばなはじめてきばむ

橘は、実さへ花さへ、その葉さへ、枝に霜降れど、いや常葉(とこは)の木

(橘は実や花やその葉もすばらしいものですが、枝に霜が降っても、ますます栄える常葉の木ですね)

天平8年(西暦736年)11月、左大辨(さだいべん)葛城王(かつらぎのおおきみ)らに橘氏(たちばなし)の姓を賜ったときに聖武天皇が詠まれたとされています。

七十二候 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

12月2日~6日は橘の実が黄色くなっていく頃。
橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。
常緑植物で「永遠」を意味する不老不死の実だと珍重されていたようです。

【400色の色鉛筆ワークショップ関連情報】

 

絵本が好きな子どもは、絵本を描くのも大好き。

 

「またやってみたいと思う人」

参加した子ども全員が手をあげました(2018.7.10 豊中市立豊島北小学校にて)

2か月に1度豊中市立熊野田小学校で開かれるワークショップには、毎回50~60人の子どもたちが集まります。

豊中市内の小学校で好評開催中

 

【開催日程】400色の色鉛筆ワークショップ

平成30年度で確定しているスケジュールです。
平成31年度は、まだ決まっていません。
開催日2か月前にお申し込みください。

【とよなか地域子ども教室】

豊中市立熊野田小学校

12月19日 14:30~16:00
2月27日 14:30~16:00

【豊中市市民活動情報サロン】

白と黒のオリジナル絵本「オリエンス」と400色の色鉛筆を使ったワークショップ

「みんなで描こうミニ絵本」
1月26日 13:30~15:30
3月2日  13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名
参加費 100円(材料費)

とよなか地域子ども教室開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、子どもたちが1~2時間楽しめるミニ絵本イベントはいかがでしょうか
豊中市公民館登録講師の島村由花がお伺いします

豊中市立熊野田小学校にて

豊中市立豊島北小学校にて

豊中市立千成小学校にて

豊中市立中豊島小学校コミュニティプラザにて

開催の流れ

はじめての絵本ワークショップQ&A(学校編)