にじかくれてみえず

村雲のたえまの空に虹たちて時雨すぎぬるをちの山のは    藤原定家 (玉葉集冬歌)

 

11月22~26日は「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」
陽射しが弱まり、虹を見ることが少なくなります。

 

権中納言藤原定家(ふじわら の さだいえ/ていか)は、鎌倉時代初期の公家で小倉百人一首の撰者です。

定家と親交の深い鎌倉幕府の御家人・歌人の宇都宮蓮生は、京都嵯峨野に建築した彼の別荘・小倉山荘の襖の装飾のために、定家に色紙の作成を依頼しました。

そこで定家は、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためました。
これが後の歌かるた「百人一首」となるのです。

ほとんどの歌集が冊子で作られるのに、「百人一首」は「色紙の集まり」だったところが興味深いですね。

 

【400色の色鉛筆ワークショップ関連情報】

「またやってみたいと思う人」

参加した子ども全員が手をあげました(2018.7.10 豊中市立豊島北小学校にて)

2か月に1度の頻度で開かれている豊中市立熊野田小学校では、毎回50~60人の子どもが参加する人気の色鉛筆ワークショップ。

絵本を読むのが好きな子は、絵本を描くのも大好きです。

豊中市内の小学校で好評開催中

 

 

【開催日程】400色の色鉛筆ワークショップ

平成30年度確定のワークショップの開催日程です。
まだまだ募集しております。

【とよなか地域子ども教室】

豊中市立熊野田小学校

12月19日 14:30~16:00
2月27日 14:30~16:00

 

【豊中市市民活動情報サロン】

白と黒のオリジナル絵本「オリエンス」と400色の色鉛筆を使ったワークショップ

「みんなで描こうミニ絵本」
1月26日 13:30~15:30
3月2日  13:30~15:30

豊中市市民活動情報サロン (阪急豊中駅北改札口)
お問い合わせ先(06)6152-2212
募集人数:10名
参加費 100円(材料費)

とよなか地域子ども教室開催をご検討中の皆様へ

参加費100円で、子どもたちが1~2時間楽しめるミニ絵本イベントはいかがでしょうか
豊中市公民館登録講師の島村由花がお伺いします

豊中市立熊野田小学校にて

豊中市立豊島北小学校にて

豊中市立千成小学校にて

豊中市立中豊島小学校コミュニティプラザにて

 

開催の流れ

はじめての絵本ワークショップQ&A(学校編