きくのはなひらく


露ながら 折りてかざさむ 菊の花 老いせぬ秋の 久しかるべく 紀友則

(露があるままでも、折ってこの菊の花を頭に挿して飾ろう、老いることない秋がずっと続くよう)

10月13日~10月17日は七十二候の「菊花開(きくのはなひらく)」。

昔、陰暦九月九日は長寿を祈る「重陽の節供」でした。

この前夜、菊の花に被せておいた綿をとり、菊の香と露を含んだ綿で顔などを拭うと、老いをはらえるとされ、この時開かれる「菊花の宴」は菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで祝いました。

 

「平成30年度 花いっぱい運動写真展」

 

10月10日~10月12日 豊中市役所第二庁舎1階 市民ロビー
10月17日~10月27日 花とみどりの相談所(豊島公園内)
11月18日       豊中市立文化芸術センター

豊中市内の美しい花の写真が一堂に会する写真展。
私も参加しています。