たなばた

昔、七夕は「棚機(たなばた)」と呼ばれていました。
「棚機(たなばた)」は、棚機女(たなばたつめ)として、選ばれた乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈り、人々の穢れをはらう古い日本の神事でした。
乙女が着物を織る時に使われた織り機が「棚機(たなばた)」です。

仏教が伝わると、お盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりま、「七夕」という字が当てられたと言われています。

一方、織女星(琴座のベガ)は裁縫の仕事、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星。
この二つの星は、旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝くことから、中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。

やがて、中国では、7月7日に織女星にあやかって、はた織りや裁縫の上達の願う行事「乞巧奠(きこうでん)」が生まれました。

それが、平安時代に日本に伝わり、宮中行事になりました。
七夕行事では「天の川のしずく」、サトイモの葉にたまった夜露に墨を溶かし、祭具を作る神聖な梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていました。

願い事を書くものは、梶の葉から短冊に変わったのが、江戸時代。
冬でも緑を保ち、まっすぐ育つ生命力にあふれた笹や竹には、昔から不思議な力があるとされ、神が宿るともいわれています。

今年は織姫と彦星が出会えるといいですね。

【ブログランキングに参加しています もしよろしければクリックのご協力をお願いします】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへにほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へにほんブログ村