さくらはじめてひらく

 

3月26日~30日は七十二候の桜始開(さくらはじめてひらく)にあたります。
今年は暖かいので1週間ほど桜の開花が早いそうですが。

私が一番好きな桜の和歌は

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
(紀友則・古今和歌集)

百人一首にも登場する有名な歌です。

こんなに日の光が降りそそいでいるのどかな春の日なのに、どうして落着いた心もなく、桜の花は散り急ぐのだろうか

悲しいほどの澄んだ青空の下、雪のように音もなく散っていく桜の花が目に浮かびます。

花見の歴史は古く、平安貴族たちは桜を春の花の代表格として愛で、歌を詠み、花見の宴を開いて楽しんだと伝えられています。

江戸時代、三代将軍家光が上野や隅田河畔に桜を植え、八代将軍吉宗が飛鳥山に桜を植えたため、花見は庶民の春の行楽としても親しまれるようになりました。
上野や墨田川、飛鳥山は、今でも東京のお花見の名所になっています。

制作実績