かすみはじめてたなびく

 

昔の人は2月23日~2月27日ごろを霞始靆(かすみはじめてたなびく)と呼びました。

東風吹かば 匂ひをこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ
菅原道真『拾遺和歌集』

「学問の神様」として有名な菅原道真。
延喜元年(901年)、道真は藤原時平との政争に敗れ、京から大宰府へ左遷されます。
屋敷から出発する時、日頃から愛でてきた梅の木・桜の木・松の木との別れを惜しみ、その時、詠んだ歌が、この梅の歌でした。

梅は道真を慕って、都から一夜で大宰府まで飛んだという「飛び梅」伝説が残されています。

そして、大宰府天満宮では樹齢千年を経た「飛び梅」が、今も美しい花を咲かせています。

だんだんと、春は近づいてきますね。

 

Follow me!