節分

 

今こゝに團十郎や鬼は外  宝井其角

其角は松尾芭蕉の門下の俳人で、節分の日に訪ねてきた二代團十郎に、この句を贈りました。

今は「恵方巻き」のイメージが強い節分ですが、「豆まき」は平安時代が起源。

立春、2月4日が新年だったころ、宮中では、大晦日にあたる2月3日に、陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

豆は「魔滅」に通じるとして、鬼を追い出す豆まきは、室町時代から始まった習慣といわれていますが、今でも京都の吉田神社では、玄衣朱裳、黄金四つ目の仮面のいでたちの方相氏が登場する、古式にのっとった追儺式が行われます。

 

 

Follow me!