ライティングアドバイザーは、広告文の作成もします。

今回、平成26年度、「おおさか地域創造ファンド」豊能地域支援採択事業社の株式会社ミズノマリン(豊中市)の救命艇シェルターの販促冊子の文案を制作を担当しました。

救命艇シェルターは津波が来た時に乗って逃げるものですが、まだあまり一般的でなく、水野社長は、救命艇シェルターの必要性を世の中に訴えるのに、大変なご苦労をされていました。

・オフセットで1千部、ピンポイントで配布するのに適した土地はどこか考えてほしい。
・救命艇シェルターに対する社長の思いを、相手の心に響く物語を考えてほしい。

かなり難しい案件でしたが、私は水野社長への3つの質問で、配布して効果がある土地の条件を絞り込み、さらに取材して3つの質問で物語をまとめました。

そして、うれしいことに、救命艇シェルター LBS25+F(写真右側)が、2016年度グッドデザイン賞(移動用機器・設備)を受賞しました。

これで救命艇シェルターは、どんどん普及するでしょう。

 

おめでとうございます。

ファイル 2016-07-15 14 03 55