最近、肖像権の問題で、子どもの写真を撮影・公開するのがむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました。

肖像権の問題で、子どもの写真を撮影・公開がむずかしいのですが、今回は保護者と子ども本人の許可が取れました。

8月22日の「みんなで作ろう!ミニ絵本」に、「団欒長屋プロジェクト」の学童保育の子どもたちが参加してくれました。

団欒長屋プロジェクトは、豊中市蛍池を拠点に「子どもを中心とした多世代交流の拠点づくり」を目指す団体。

豊中市の助成金「とよなか夢基金」で、多世代交流型ZINE『だんらんしんぶん』を発行、この子どもたちは「子ども記者」でもあります。

今回は「夏休みの思い出」をテーマに、好きな絵を描いてもらい、楽しんでもらいました。